アイザニア開拓隊
枯都遺跡調査支部 第16班(駒ヶ谷班)
~まとめ~




■世界観
近代になってから発見されたアイザニア大陸(ホロメライ州)に位置する都市、「イザンムーロ」。
ヒトの他に、本大陸に元々住んでいたビースト・コロポックルなどの亜人を含めて150万人の人口を擁する大都市。
短期間で急速な発展を遂げたイザンムーロだが、郊外に出ていけば未だに広大な未開の地が広がっている。
アイザニア開拓隊の主な仕事は、そんな未開の地を調査・開拓して、人が住めるように整備すること。
さらには大陸独自の生態系(→超級生物)の調査から猛獣の駆除、最近発見された枯都遺跡の探索まで様々。
そして、駒ヶ谷班はそんな大陸開拓隊の中でも遺跡の調査が主になる支部に属している。



駒ヶ谷勲 Komagaya isao
26歳 182cm ヒト 男 ノンケ(大川は特別)
ホロメライ州イザンムーロ市在住
工将0 測量士6 知識家2 食博0 万薬師9 刃道0 射手0

駒ヶ谷班の班長をつとめる男。大川、丹波山と同じ高校を卒業した。
枯都遺跡の地形や建物を記録する測量技師をしている。
表情豊かで裏表のない性格。誰とでも分け隔てなく接するので信頼もある。
ゲームや漫画が好きだが、なんとなく恥ずかしいのであまり言わない。

好み:ゲーム、伊糖サラ(ゲームの登場人物)、大川、大川の料理
苦手:うるさい場所・人

大川利暢 Ookawa Toshinobu
24歳 165cm ヒト 男 バイ
ホロメライ州イザンムーロ市在住
工将4 測量士0 知識家2 食博9 万薬師0 刃道2 射手0

駒ヶ谷班の班員の一人。駒ヶ谷、丹波山と同じ高校を卒業した。
料理や大工などを担当しており、遺跡内に何日も滞在する場合は重要な存在。
馴れ合いを好まない静かな性格で、少しひねくれた価値観の持ち主。
高校時代に丹波山からいじめをうけていたことを、未だに根に持っている。

好み:ゲーム、写真撮影、駒ヶ谷
苦手:美談、綺麗事、丹波山

売木百子 Urugi Momoko
23歳 148cm ヒト 女
ホロメライ州イザンムーロ市在住
工将0 測量士3 知識家8 食博2 万薬師2 刃道0 射手0

駒ヶ谷班の班員の一人。海の向こうツドイユ州の出身。根は都会っ子。
遺跡の動植物に関する知識が豊かで、それを探索中に役立てている。
天然で明るい性格だが、内心では皆に嫌われることを恐れている。声が大きい。
出身は他班員と大きく離れているものの、駒ヶ谷とはやや近い家系らしい。

好み:甘いもの、掃除、自分
苦手:野菜、周りに見放されること

丹波山凱 Tabayama Gai
24歳 173cm ヒト 男
ホロメライ州カントマリ市在住
工将3 測量士0 知識家0 食博0 万薬師0 刃道9 射手4

駒ヶ谷班の班員の一人。駒ヶ谷、大川と同じ高校を卒業した。
遺跡では常に先頭を歩き、危険をいち早く察知する頼れる存在。
流されやすい性格。自分より優れた人を見ると、自分と比較して落ち込んでしまう。
高校時代は今と違い大川をいじめていたが、いつしかそれを悔いるようになった。

好み:釣り、カラオケ
苦手:自分より優秀な人、いじめっ子だった頃の自分

野迫川ミンツチ Nosegawa Mintuci
20歳 162cm ハーフビースト 男
ホロメライ州カントマリ市在住
工将5 測量士0 知識家0 食博0 万薬師0 刃道2 射手2

駒ヶ谷班の班員の一人。班の中で最年少で、新入りの研修生でもある。
母親がビースト。仕事は淡々とこなすが短気で、常に機嫌が悪い。
班の仲間を突き放す冷淡な言動が多いが、班員を尊敬していないわけではない。
食欲旺盛で、食への執着は人一倍。何を食べてもおいしいと言うタイプ。

好み:食事、固形栄養食
苦手:馴れ合い、頭を使うこと




■相関図■

※駒ヶ谷と大川がデキているという事実を知っているのは野迫川のみ







inserted by FC2 system